コラーゲンマシン家庭用の口コミと評判と効果のまとめ

コラーゲンマシン家庭用は、エステで受けるコラーゲンマシンと効果は同じなのか?エステに行くのとどちらがお得か?口コミ、評判をまとめてみました。

コラーゲンマシン家庭用の効果って本物?エステサロン用と違う点は何?

この何年かでコラーゲンマシンの人気が高まりつつあります。それもその筈、教育評論家の尾木ママさんを始め、元巨人軍ピッチャーの橋本清さんなども利用を公言したり、海外セレブでも、レディ・ガガさんやビヨンセさんなどは、300万円ほどするエステ用のコラーゲンマシンを自宅に購入しているということなので、美容情報に敏感な人にとっては気になる存在ですよね。

  


コラーゲンマシンとは?コラーゲンマシンに期待できる効果とは

 


日本で活躍が始まっていると言うコラーゲンマシンは、ヨーロッパで誕生した最新の美容機器です。633nmの可視光線を出す特別なランプが装備されています。

 


その可視光線肌の真皮層にまで届き、肌に直接働きかけ、肌を艶肌へと導いてくれます。 施術の間は、ただ寝ているだけです。しかし、肌への美容効果は絶大だと言われています。

 


1903年デンマークの医師ニールス・フィンセンが「人工光線を使って病気に対する抵抗力を高める」という研究でノーベル生理学・医学賞を受賞して以来、更に研究は積み重ねられ、現在のコラーゲンマシンが誕生したようです。

 


380nm~760nmの目に見える波長の光を可視光線といいます。可視光線は、太陽光や照明器具などから発せられる光で、私たちが自然に慣れ親しんできた光です。安全性については、様々な論文や研究で証明され、医療現場でも「可視光線療法」として治療法が確立されているものです。

 

   f:id:maemukiworld:20170705215321j:plain

 

お肌の真皮層は、肌のハリ、弾力を左右する皮膚の土台です。加齢や紫外線のダメージなどにより、コラーゲンやエラスチンなどのタンパク繊維が、細くもろくなり真皮が衰えます。また、真皮の水分を維持しているヒアルロン酸なども減少し、乾燥も進みます。さらに、これらを生成する「線維芽細胞」の増殖機能も低下するため、肌はハリ・弾力を失い、たるみやシワの原因になります。

 


コラーゲンマシンから放出される633nmの可視光線は、化粧品では届かない真皮層の線維芽細胞に直接働きかけます。「線維芽細胞」が活性化し、美しい肌を作るコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促していきます。

 


コラーゲンマシンの可視光線を全身に浴びた場合の効果は、以下のように他にも挙げられます。



●肌のハリを取り戻す

●肌の艶を出す

セルライトを改善する

●精神疲労を回復する

●肌トラブルの改善

代謝が上がる

冷え性改善

●髪の毛のハリツヤが良くなる

●ボディラインの引き締め

 


コラーゲンマシンの可視光線を浴びることで、幅広い効果が期待できることに驚きますよね。例えば、精神疲労回復などは、お肌とは関係なく、コラーゲンとも関係なさそうですが、実は、可視光線を浴びることで、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が分泌されることがわかっているので、ストレスを受けにくくなったり、ネガティブな気持ちがコントロールできるようになったりするようです。

 

  f:id:maemukiworld:20170705215625j:plain


また、セルライトと言うのは、古くなったコラーゲンが絡みついている状態なので、コラーゲンマシンで可視光線を浴びることで、新しいコラーゲンを生成することによって、効率的に排出することができるようになるので、セルライトの除去や予防の効果にも期待できます。

 


女性に多い血行不良や冷え性は、コラーゲンマシンの温熱作用により、体が内側からポカポカと温まり、代謝が上がって汗が出やすくなります。ダイエットしている方などは、コラーゲンマシンの可視光線を浴びて代謝を良くしてから、エクササイズなどをすると効率がアップする効果が期待できます。

 


上記のように可視光線を全身浴びることで、コラーゲンやエラスチンの生成のほかに得られる効果は幅広く多いということですね。

  

  

 

 

コラーゲンマシン家庭用だと効果は違う?


上記のコラーゲンマシンの効果については、エステサロンで可視光線を浴びた場合についてのお話でした。では、最近、話題になっている家庭用のコラーゲンマシンの場合も同じ効果が得られるのだろうかという点です。

 


家庭用コラーゲンマシンの場合、大きさが、高さ48㎝×幅(オープン時)43㎝×奥行21㎝というコンパクトな大きさになります。可視光線があたる場所も顔から胸上部あたりの照射となり、全身に可視光線を当てるのは不可能になります。しかし、移動することは可能なので、何回かに分けて照射したい場所へ照射することは可能です。

 


633nmの可視光線と言う点では、エステサロン用のコラーゲンマシンと同じものなので、得られる効果については、エステ用と同じと考えて良いと思います。ただ、1度に全身浴びることができないという点がエステサロン用と違ってくる点だと思います。

 


しかし、コラーゲンマシンが自宅にある限り、毎日、何回でも使用は可能なので、そういう点では、気軽に、使いたい部分にいつでも使えると言う点では、とても便利だと思います。


気になる費用については、以下の記事を参考にして下さい。

 

babyscolla.hatenablog.com